ここから本文です

中村橋之助“不徳の致す-”不倫発覚早期会見 ベッキー会見が反面教師に

夕刊フジ 9月17日(土)16時56分配信

 【芸能ニュース舞台裏】東京・豊洲新市場の盛り土問題で情報番組が盛り上がる中、またしても“文春砲”が炸裂した。

 週刊文春が伝えた歌舞伎俳優、中村橋之助(51)の不倫報道。10月から八代目中村芝翫(しかん)襲名披露興行が始まる直前の発覚だったが、橋之助の手当ては早かった。

 今年1月、不倫報道を受けて開いたタレントのベッキー(32)の会見が、質問を受け付けない一方的な形を取ったために、その後バッシングを受けることになった。「あの会見が、芸能界全体の反面教師になっている」(芸能リポーター)

 「週刊誌の直撃を受けた直後に家族には説明し、すぐさま松竹にも報告を入れたそうです」と梨園関係者が舞台裏を明かす。「会見で連発した“不徳の致すところ”というせりふを用意していたかどうかは分かりませんが、雑誌の発売日前日に会見を開くことも決めたようです」

 会見の前に、橋之助はもう一手、打った。

 「歌舞伎に精通した旧知の記者を、会見場所とは違う別のホテルに集め、事情説明をしたそうです。詳細は教えてもらえませんでしたが、緊張もあったけど和気あいあいとした雰囲気だったようですよ」(情報番組ディレクター)

 橋之助の芸能活動のマネジメントを担当しているのは、太田プロダクション。女優の高島礼子(52)、タレントの有吉弘行(42)に続き芸能ニュースの発信元になった。

最終更新:9月17日(土)17時18分

夕刊フジ