ここから本文です

家入レオ 自己最多ツアーが開幕 「会いたかったーー!」

エキサイトミュージック 9/17(土) 23:00配信

家入レオが、4thアルバム『WE』を引っさげた、自己最多・初の全国ホールツアー『5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~』の初日公演を三郷市文化会館で行い、3か月にわたるツアーをスタートさせた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ライブツアーとしては、今年2月に東京・名古屋・大阪で行われたZEPPツアー『家入レオLIVE at Zepp 2016 ~two colours~』以来約7か月ぶり、全国規模のツアーとしては約14か月ぶり。17歳の時に『サブリナ』でデビューした家入レオだが、今回のツアー最終公演である東京国際フォーラム ホールAでの公演の3日後には22歳を迎え、来年2月15日には早くも5周年イヤーに突入する。

そんな家入が、自身5度目となる本ツアーにつけたサブタイトル“WE|ME”には、1stアルバム『LEO』の“僕・わたし(ME)”から、最新シングル『僕たちの未来』とアルバム『WE』の“僕・わたし(ME)”への変化の中で、過去の自分も大切にしながらも、今伝えたいことを表現する、という思いが込められている。

18時をまわるとステージに家入が登場。現在もロングヒットを記録中の映画『ペット』のイメージソング「Brand New Tomorrow」をはじめ3曲を続けて披露、大きな拍手と歓声に包まれライブはスタート。

「『家入レオ 5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~』へようこそー! 会いたかったーー! 自己最多の20公演、今日この三郷から12月の東京国際フォーラムまでまわっていきますが、まずはこうして無事に初日を迎えられたこと、嬉しく思います。ありがとう! 来てくれたみんなと最高に楽しい時間を一緒に過ごしていきたいと思います。最後までよろしくー!」と話し、続いてドラマ主題歌の「君がくれた夏」、「Silly」などを切なくしっとりと歌い、1,200人満員御礼の会場を魅了した。

その後も「みんな、アルバム『WE』聞いてきてくれましたかー? 今回のアルバムはタイトル通り、スタッフさんやアレンジャーさん、ミュージシャンの方々、何よりも会場に来てくれているみんなから色んなエッセンスをもらって作った1枚です。みんながいてくれたから作れたアルバムなので、このタイトルにしました。今日はそんなアルバムに込めた思いをたくさん持って帰ってもらえたらと思います」と話すと、アルバム『WE』収録楽曲を中心に披露、タイトルチューンである「we」ではウーリッツアーの弾き語りを初披露すると、会場からは割れんばかりの拍手が巻き起こった。

後半戦では、「サブリナ」「Shine」など、飛んだり跳ねたり走ったりと自由で開放的なパフォーマンスで観客を一気に煽り、会場のボルテージは最高潮に。本編最後は「この時間がずーっと永遠に続けばいいなと思うんですけれども、次が最後の曲です。今、抱えている痛みとか、苦しみとか、人生で絶対意味のないことなんてない。いつか絶対輝く日々につながっていく。そう信じてこの曲を届けたいと思います」と話すと、『WE』でもラストに収録されている「Every Single Day」を力強く歌い上げ、アンコールを含め約110分にわたる初日公演は大盛況で幕を閉じた。

≪ツアー情報≫
【5th LIVE Tour 2016 ~WE|ME~】
2016年9月21日(水)新潟・りゅーとぴあ・劇場
2016年9月24日(土)兵庫・たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール
2016年9月25日(日)広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
2016年9月30日(金)北海道・幕別町百年記念ホール
2016年10月1日(土)北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
2016年10月8日(土)宮城・イズミティ21 大ホール
2016年10月10日(月・祝)神奈川・秦野市文化会館 大ホール
2016年10月16日(日)千葉・君津市民文化ホール
2016年10月18日(火)長野・駒ヶ根市文化会館
2016年10月22日(土)島根・出雲市民会館
2016年10月29日(土)愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2016年10月30日(日)静岡・焼津文化会館 大ホール
2016年11月3日(木・祝)和歌山・紀南文化会館
2016年11月4日(金)滋賀・守山市民ホール
2016年11月6日(日)大阪・大阪国際会議場 メインホール
2016年11月12日(土)岡山・倉敷市芸文館
2016年11月13日(日)山口・周南市文化会館
2016年11月19日(土)福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
2016年12月10日(土)東京・東京国際フォーラム ホールA

≪リリース情報≫
Album
『WE』ツアー会場限定盤
※LPサイズジャケット仕様 / スペシャルフォト掲載 / LPサイズブックレット封入
NCS-904 / ¥3,056(税抜)
[収録曲]
1. 僕たちの未来 
2. Brand New Tomorrow
3. 君がくれた夏
4. 恍惚
5. Party Girl
6. I Wish
7. we
8. Hello To The World
9. シティボーイなアイツ
10. さよなら Summer Breeze
11. そばにいて、ラジオ
12. Every Single Day
-bonus track-
13. オバケのなみだ

最終更新:9/18(日) 22:45

エキサイトミュージック

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]