ここから本文です

『地球防衛軍5』のメディアブリーフィングに……さ、酸だーッ!蟻だーッ!カエルだーッ!……グレイだーッ!?【TGS2016】

ファミ通.com 9/17(土) 9:02配信

文・取材・撮影:ライター 西川くん

●EDF隊員を脅かす、最強の刺客が宇宙より来たる!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。ディースリー・パブリッシャーブースでは、2017年に発売予定の『地球防衛軍5』のメディアブリーフィングが行われている。同ステージにはプロデューサーの岡島信幸氏が登壇し、新情報と実機プレイを披露した。今回は2日目に行われたステージの模様をリポートしよう。

 まずは世界観について、岡島Pが解説。『地球防衛軍』シリーズでは、1、2作目が同一世界のお話で、3、4作目は、その世界とは違う別の地球のお話となっていた。『地球防衛軍5』は、さらに違う地球が舞台ということで、また新たに地球外生命体と遭遇するところからゲームはスタートするそうだ。

 続いては、使用できる兵科について。ここでは、オーソドックスな兵器を使用できる、お馴染みの“レンジャー”と、空を飛び周りスピーディーな戦いができる“ウィングダイバー”が紹介された。世界観が変わったことによって、兵装やメカのデザインも一新されているとのこと。前作では4つの兵科があったが、のこりの兵科は……? と、気になるところで岡島Pは「ほかの兵科が登場するかどうかは秘密です!」と、ふたつの兵科の紹介のみが行われた。しかしやはり、2種類の兵科ってことはないですよね……? というような空気が会場に漂うと、岡島Pから「ヒントですが……、兵科が(2種類から)減ることはありません(笑)」という、とっておきのヒントが(笑)。

 そしておつぎは、ある意味主役とも言える敵役たちのご紹介。今回の地球外生命体の名前は“イミグラント”。日本語で言うと、移民という意味とのことで、地球に移民を企む生命体だ。また、いままでは“甲殻巨大生物”などと呼ばれていた通称“アリ”や、“超巨大蜘蛛型生物”などと呼ばれていた通称“クモ”は、この世界では“侵略生物”という名称で呼ばれているようだ。そして、それらを運ぶ“テレポーション・アンカー”と、飛行するメカ“バトル・ドローン”が新登場する。

 “テレポーション・シップ”は、敵が降下させるために使用する輸送キャリアーで、開いたところを攻撃するお馴染みのもの。続いて紹介された新登場の“ランディング・シップ”は、カエル型異星人“コロニスト”を降下させるためのキャリアーだ。ちなみに岡島Pは、コロニストのことをケロ○軍曹と呼んでいた(笑)。

 と、ここで気になるのは、やはりステージ横に居る謎のロボット。岡島Pが「見てくださいよ、頭の上になにやらヒモがあるでしょう?(笑)」と言いながらそのヒモを引っ張ると、中から出てきたのはグレイ型の宇宙人!?

 岡島Pが「地球を見逃してもらえませんか?」とお願いすると、銃から煙を噴出!この典型的な宇宙人の顔をした敵は、“コスモノーツ”という名前で、身体は20メートル前後と非常に大きく、言語が分かり、“コロニスト”の上位生命体なのだとか! もちろん非常に強力な存在ということで、EDF隊員の天敵となりそうだ。

 コロニストはビーム攻撃を遠距離から連射してくるほか、建物に隠れたりと戦術を駆使して立ち回っていた。また、コロニストは部位破壊に対応しており、足を攻撃し続ければ足を切断できるとのこと。しかし、足が切断されても、這いずり回りながらも銃を連射してきたり、放置しているとなんと足が復活! やはりコロニストは一筋縄ではいかなそうだ。

 そしてコロニストたちを倒し、終わりかと思いきや……なんとコスモノーツが飛来! その巨大な身体でビーム攻撃をしかけてきたり、ローリングでの回避運動や、ダッシュを仕掛けてきたりと、多彩なアクションを行う姿が確認できたところで、実機プレイの披露は終了となった。

 最後に、岡島Pは「今後もあれやこれやと、新しい兵器、新しい敵の情報をご提供していきたいので、ぜひお願い致します!」とアピール。ディースリー・パブリッシャーブースの試遊台では、全4ステージが体験できる。ぜひ東京ゲームショウの会場で、新たなEDFに体験入隊してみよう!

最終更新:9/17(土) 9:02

ファミ通.com