ここから本文です

バイエルン、ウィルス性胃腸炎でラームやミュラーは欠場 ロッベンは復帰

ISM 9月17日(土)16時59分配信

 現地時間17日に行なわれるドイツ・ブンデスリーガでインゴルシュタットと対戦するバイエルン。しかし、主将DFフィリップ・ラームを含む3選手がウィルス性胃腸炎に苦しみ、欠場予定だという。

 独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)などによると、ウィルス性胃腸炎と診断されたのはラームのほか、MFトーマス・ミュラー、DFダヴィド・アラバ。カルロ・アンチェロッティ監督は会見で「3人とも試合はできない」と、起用できる状態ではないと語ったという。

 一方でDFイェローメ・ボアテングとFWアルイェン・ロッベンはケガから復帰の様子。アンチェロッティ監督は「2人とも今週は非常にいいトレーニングができている。ベンチ入りさせる予定だ」とコメント。軽い脳震盪で練習を2日休んだDFマッツ・フンメルスも、状態が整っているという。

 主力3選手が体調不良という事態に陥ったアンチェロッティ監督だが、層の厚いバイエルンのこと、“点取り屋”としての期待もできるDFヨシュア・キミッヒを先発で使い、ケガの癒えたFWキングスレイ・コーマンも使える状態だという。同監督はコーマンについて「練習もよくこなしている。試合に出る準備はできているよ。彼にとってはこれからがスタートだ」とベンチ入りを明言した。

最終更新:9月17日(土)16時59分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]