ここから本文です

バイエルン、ウィルス性胃腸炎でラームやミュラーは欠場 ロッベンは復帰

ISM 9/17(土) 16:59配信

 現地時間17日に行なわれるドイツ・ブンデスリーガでインゴルシュタットと対戦するバイエルン。しかし、主将DFフィリップ・ラームを含む3選手がウィルス性胃腸炎に苦しみ、欠場予定だという。

 独『シュポルト・ビルト』誌(電子版)などによると、ウィルス性胃腸炎と診断されたのはラームのほか、MFトーマス・ミュラー、DFダヴィド・アラバ。カルロ・アンチェロッティ監督は会見で「3人とも試合はできない」と、起用できる状態ではないと語ったという。

 一方でDFイェローメ・ボアテングとFWアルイェン・ロッベンはケガから復帰の様子。アンチェロッティ監督は「2人とも今週は非常にいいトレーニングができている。ベンチ入りさせる予定だ」とコメント。軽い脳震盪で練習を2日休んだDFマッツ・フンメルスも、状態が整っているという。

 主力3選手が体調不良という事態に陥ったアンチェロッティ監督だが、層の厚いバイエルンのこと、“点取り屋”としての期待もできるDFヨシュア・キミッヒを先発で使い、ケガの癒えたFWキングスレイ・コーマンも使える状態だという。同監督はコーマンについて「練習もよくこなしている。試合に出る準備はできているよ。彼にとってはこれからがスタートだ」とベンチ入りを明言した。

最終更新:9/17(土) 16:59

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]