ここから本文です

三田寛子が見せた「82年組」の貫禄 不倫夫を助けた“神対応”に称賛の声

夕刊フジ 9月17日(土)16時56分配信

 女優の三田寛子(50)が16日、都内で取材に応じ、夫で歌舞伎役者の中村橋之助(51)の不倫騒動を謝罪した。離婚についても「ないでーす!」と明るく言い放つ“神対応”に賛辞が集まっている。アイドルデビュー激戦の「82年組」の中で、静かな貫禄を見せた。

 傘を差しての雨中の会見。夫の不始末で騒がせたことを詫びた上で、当意即妙に「『雨降って地固まる』と言っていただけるように、家族5人で一生懸命頑張ります」と出直しを宣言。離婚は?と問われ、「ないでーす!」とアイドル時代のようなさわやかな笑顔を見せた。

 三田といえば、アイドル豊作といわれた1982年組。ライバルの中森明菜、小泉今日子、堀ちえみらは、悲恋や離婚、長期休養ありとさまざまな人生を送っている。シブがき隊で同期デビューの薬丸裕英は、15日のフジテレビ系「バイキング」で、「いつからこんなできる女になったんだ」と称賛した。

 デビュー当時のプロデューサーの酒井政利氏は、「京都出身で、無口で芯のある女の子だった。私が手掛けてきた南沙織、山口百恵に続く系譜で、“聖少女”のイメージ。ライバルが強敵でも動じなかった」と振り返り、「本当にいい奥さんになった。騒動を克服してほしい」とエールを送った。

最終更新:9月17日(土)16時56分

夕刊フジ