ここから本文です

長谷川穂積3階級制覇! 陥落から5年5カ月…日本最年長35歳9カ月で戴冠

デイリースポーツ 9月17日(土)6時4分配信

 「ボクシング・WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ」(16日、エディオンアリーナ大阪)

【写真】激闘!ウーゴ・ルイスに左を放つ長谷川

 長谷川穂積(35)=真正=が2年5カ月ぶりの世界戦を9回終了TKOで制し、5年5カ月ぶりの世界王者返り咲きを果たした。35歳9カ月の世界奪取は国内男子最年長記録。8月上旬、練習中に左手親指を脱臼骨折し、手術という逆境を乗り越え、国内4人目の3階級制覇を達成した。

 35歳の信じられない勇気だ。9回、長谷川はロープに詰められ、ルイスの猛打にさらされた。過去のKO負けシーンがよみがえり、会場には悲鳴が響く。だが「チャンスと思った」と本人だけは、こここそ勝機と見た。

 相手の大振りは紙一重で急所を外す。宝刀カウンターが1、2、3発と突き刺さった。王者は血だるまになっって後退した。会場は「ウオーッ」と地鳴りの声援に変わった。

 ゴングが鳴っても戦意を失い立ち上がれない王者。その瞬間、国内4人目の3階級制覇を達成。王者は顔面骨折の疑いで試合後、病院送りとなった。

 5年5カ月ぶりの世界王者返り咲き。小さかった子供たちは大きくなった。愛娘・穂乃ちゃん(10)とリングで勝利を祝う約束を果たした。中2の長男・大翔(ひろと)君に逆に抱っこされ「最高で~す」と満点パパは何度も拳を突き上げた。

 8月上旬、絶望に見舞われた。スパーリング中、左手親指の付け根を脱臼骨折。8月3日に手術した。1カ月半後の試合など中止が妥当だった。だが手術翌日、長谷川はジムに現れた。「足は動く、右は動く、体はどこも悪くない」。山下正人会長に予定通り、試合出場を訴えた。

 痛み止めの座薬を入れ、8月中旬にはスパーを再開。手負いの左を何度もルイスにめり込ませ、不利の予想を覆した。35歳9カ月、国内最年長世界奪取はまさに奇跡だった。

 10月24日、最愛の母・裕美子さん(享年55)の七回忌に捧げるベルトを手にした。14年4月23日の世界戦は、母の誕生日だったが惨敗。2年5カ月遅れのプレゼントに「渡せて良かった」とリング上で感激をかみしめた。

 試合前には「勝っても引退」の可能性を示唆していた。試合後は「終わったばかり。ゆっくりしたい」と話し、進退は今後熟考する。世界王者のまま引退はあるのか、ヒーローの決断に注目が集まる。

最終更新:9月17日(土)7時57分

デイリースポーツ