ここから本文です

【P3レポート】3強チーム大接戦 マクラーレン・ホンダは苦戦/F1シンガポールGP

TopNews 9月17日(土)21時21分配信

2016年F1第15戦シンガポールGPが9月17日(土)、マリーナ・ベイ・ストリート・サーキット(1周5.065km)で2日目を迎え、現地時間18時(日本時間19時)から行われたフリー走行3回目でメルセデスAMGのニコ・ロズベルグがトップに立った。ベストタイムは1分44秒352だった。

トワイライトセッションとして行われた予選前最後のセッションでは、フリー2に続きロズベルグがトップタイムを刻んで見せたものの、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが100分の6秒差の2番手タイムを刻むなど、予選や決勝でもかなりの接近戦が展開されそうな状況となっている。

現在2ポイント差でロズベルグをリードするランキングリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)はクルマのバランスが決まらずにスピンをするシーンが見られるなど、このセッションでは8番手タイムにとどまっている。

また、期待のマクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが12番手、ジェンソン・バトンが16番手と、いまひとつセットアップが決まらないまま予選を迎えることになった。

フリー走行3回目でのトップ10ドライバーは次の通り。

トップはニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)。2番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、4番手ダニエル・リカルド(レッドブル)、5番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、6番手ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、7番手ダニール・クビアト(トロロッソ)、8番手ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)、9番手カルロス・サインツ(トロロッソ)、10番手バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)。

F1シンガポールGP予選は、このあと日本時間22時から始まる。

最終更新:9月17日(土)21時21分

TopNews

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]