ここから本文です

【BOX】山中「長谷川さんとダブルで最高のKO勝ちができて、最高にうれしい」…一問一答

スポーツ報知 9月17日(土)6時5分配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ○山中慎介(7回KO)アンセルモ・モレノ●(16日、エディオンアリーナ大阪) 

 WBC世界バンタム級王者・山中慎介(33)=帝拳=が、11度目の防衛に成功した。挑戦者の同級1位で元WBA世界同級スーパー王者のアンセルモ・モレノ(31)=パナマ=に7回1分9秒TKO勝ち。昨年9月のV9戦では2―1の僅差判定勝利だったが、3戦ぶりのKO勝利で完全決着をつけた。これで防衛回数は国内歴代2位タイに。山中の戦績は26勝(18KO)2分け、モレノは36勝(12KO)5敗1分けとなった。(観衆6500)

 山中の一問一答

 ―長谷川がリング上に。

 「長谷川さんがいい試合でベルトを奪取してくれたので、強い気持ちでリングに上がることができた。『2人で旅行に行きましょう』と言われたけど、絶対に行く気はないと思う(笑い)。でも2人で、ご飯くらいは行きたいな」

 ―試合を振り返って。

 「初回に(いいパンチを)もらったことで気づいて、逆にガードを上げることができた。そこからはジャブがすごく機能して、途中で左を当てるコツをつかんだ。ヒヤヒヤさせたのは最近の悪い癖ですが(笑い)」

 ―コツとは?

 「当てようとするジャブだと、右(半身)に体重が乗ってしまう。(ジャブは)目隠しという形で、左をそのままつなげられた。相手は見えていなかったと思う。スパーリングではできなかったことができた。今までの経験が出た」

 ―3試合ぶりのKO勝利。

 「久しぶりのKOでお客さんを喜ばせることができた。長谷川さんとダブルで最高のKO勝ちができて、最高にうれしい」

最終更新:9月17日(土)12時20分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。