ここから本文です

岡田准一が60代の“店主”に!山崎貴監督「海賊とよばれた男」予告編

映画ナタリー 9/17(土) 12:00配信

山崎貴が監督、岡田准一が主演を務める「海賊とよばれた男」の予告編が、公式サイトにて公開された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、百田尚樹の小説をもとに、明治から昭和にかけて石油で一大事業を成し遂げた男・国岡鐵造の物語を描く大河エンタテインメント。

岡田は本作で鐵造の青年期から90代までを演じているが、予告編では60代の姿がお披露目されている。この特殊メイクには3時間を要したという。ほかにも綾瀬はるか扮する妻ユキを嫁に迎える場面や、染谷将太演じる国岡商店店員・長谷部喜雄が敬礼する姿などが切り取られている。

店員から“店主”と呼ばれる鐵造になりきり、撮影現場でもその愛称で親しまれていたという岡田は「自分が店主としていることによって皆さんのテンションが少しでも上がって良い現場になってくれたらと思っていました」とコメント。今回公開された予告編には、吉岡秀隆扮する店員・東雲忠司の「俺は店主の言ったことはやり遂げたいんだよ!」というセリフが収められている。

「海賊とよばれた男」は12月10日より全国ロードショー。なお本日、作品の公式Twitterアカウントも開設されたので、ファンはチェックを忘れずに。



(c)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (c)百田尚樹/講談社

最終更新:9/17(土) 12:00

映画ナタリー