ここから本文です

256GB USBメモリが税込み5999円! フラッシュ値上がりはまだどこ吹く風!

ITmedia PC USER 9/17(土) 11:19配信

 パソコンSHOPアークが週末特価の目玉に挙げたのは、ASUSTeKのGeForce GTX 1070カード「ROG STRIX GTX1070-8G-GAMING」だ。オリジナルの3連ファンを搭載したモデルで、税込み価格は4万9980円。「人気のSTRIXシリーズが5万円切りで買えるのは大きいですよ。なくなり次第終了です」とのことだ。

【アキバの最安ラインは今のところ変わらないが……】

 そのほかフラッシュ系も安い。SamsungのNVMe対応SSD「SM951」シリーズが256GBで税込み1万5480円、512GBモデルで同2万9800円となるほか、SanDiskの2.5インチSATAシリーズ「Extreme Pro」も960Gバイトで同3万4980円と安い。

 DDR4メモリはCrucialのPC4-17000(DDR4-2133)16GB×2枚キット「CT2K164DFD8213」(同1万3400円)、USBメモリはSanDiskの256GBモデル「SDCZ48-256G-U46」(同5999円)に注目だ。

 なお、フラッシュ系パーツはここ最近、VR関連機器やiPhone 7などによる需要増大で全体的に価格が上昇していると報じられるが、PCパーツショップの店頭ではまだその影響はみられない。

 パソコンSHOPアークも「為替の変動と同じでワンクッション入りますからね。10数年前と比べるとクッションのレベルも上がっているので、いまのところはこれまでの価格感でお買い物できると思います」と話していた。ただ一方で、「来週あたりに固有のモデルが急に上がって、その動きが連鎖するということもあるかも」(某ショップ)との声も聞いた。

●おそらく本当に最後の「Photon 2」――東映無線系列で税込み2万8800円

 「秋の大感謝祭」セールを実施中の東映無線系列店だが、今週末はとくにトランセンドのストレージ製品に注力している。

 2.5インチSSD「220S」の480GBモデルを税込み1万1800円、M.2 SATA SSD「MTS800」の512GBモデルを同2万1500円、mSATA接続の「370」シリーズ512GBモデルを同2万1300円とするなど種類は多彩。外付けHDDでは、「StoreJet 35T3」シリーズの8TBモデルが同2万6800円と安い。

 しかし、最大の目玉となるのは、BungBungameのWindows 10 Homeタブレット「Photon 2」かもしれない。8月末に仕入れて瞬く間に売り切ったが、その後も何度か週末に少数を出荷していた。今回も価格は税込み2万8800円だ。

 テクノハウス東映は「今回は予約キャンセルで残ったものや交換用に残しておいたものになるので、本当に在庫一掃になると思います。全店あわせても10台いくかいかないかくらい。おそらく今回が本当のラストになるでしょう」と話していた。

最終更新:9/17(土) 11:19

ITmedia PC USER

なぜ今? 首相主導の働き方改革