ここから本文です

DeNA三浦24年連続勝利お預け…福留に痛恨被弾「結果が全て」

デイリースポーツ 9月17日(土)9時1分配信

 「阪神2-1DeNA」(16日、甲子園球場)

 DeNA・三浦大輔投手のプロ野球記録となる24年連続勝利はお預けとなった。初回、福留に失投を2ランされ2失点。1点ビハインドの五回、1死二、三塁のピンチを招いたところで、2番手・砂田に交代した。4回1/3を6安打2失点で敗戦投手となった。

 「結果が全て。申し訳ない。(2ランは)打ってくると分かっていて、コントロールミス。4番は見逃さない」と痛恨の被弾を反省した。

 それでも外角いっぱいのスライダーで高山、坂本を見逃しの三振に、105キロのカーブで板山を空振り三振に仕留めるなど、随所に熟練の技をちりばめた。

 「素晴らしいピッチングだった」とラミレス監督は称賛。今季残り試合は限られているだけに「現時点で次の登板機会は決めていない」と話した。三浦は「しっかり反省して、できる限りやるだけです」と意欲的だった。

最終更新:9月17日(土)9時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報