ここから本文です

2夜連続の授賞式!「殺人者への道」「グリース・ライブ!」4受賞

シネマトゥデイ 9月17日(土)21時26分配信

 テレビ番組における芸術および技術的功績、ゲスト出演、アニメーション、リアリティー番組、ドキュメンタリー番組を表彰するクリエイティブ・アーツ・エミー賞の残りの受賞者が発表され、Netflixドキュメンタリー「殺人者への道」と生放送ミュージカル「グリース・ライブ!(原題) / Grease Live!」がそれぞれ4部門で受賞を果たした。

「殺人者への道」監督のローラ・リチャーディとモイラ・ディーモス【写真】

 クリエイティブ・アーツ・エミー賞はそのカテゴリーの多さから、今年から2夜連続で授賞式が行われ、第1夜はテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」が9部門で賞を獲得した。

 最優秀バラエティー特別番組には「レイトx2ショー with ジェームズ・コーデン」のカープール・カラオケ特番が選ばれたほか、最優秀アニメ番組賞を「Archer」が初受賞。また、「ル・ポールのドラァグレース」の司会を務めるル・ポール・チャールズが最優秀司会賞(リアリティー番組部門)を受賞している。(澤田理沙)

最終更新:9月17日(土)21時52分

シネマトゥデイ