ここから本文です

プレイステーションブースでEGOISTがシークレットライブ!【TGS 2016】

ファミ通.com 9月17日(土)11時21分配信

●幕張メッセに歌声が響く!
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日・16日はビジネスデイ)。会期3日目となる本日9月17日(土)、プレイステーションブースでスペシャルライブ“PSN meets Secret Artist”が行われた。

 スタートするまで出演者が知らされていなかったこの“PSN meets Secret Artist”。カウントダウンの後に登場したのは……アニメ『ギルティクラウン』から誕生し、ryo氏(supercell)がプロデュースを手掛ける架空のアーティスト、EGOIST! ステージに設けられた大きなビジョンや天井をも駆使した未来的な演出のもと、幕張メッセにパワフルかつイノセントな歌声を響かせた。

 披露された楽曲は、新曲「Welcome to the fam」のほか、アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』EDテーマの「名前のない怪物」、アニメ『ギルティクラウン』OPテーマの「The Everlasting Guilty Crown」の計3曲。今回はライブのシステムもバージョンアップされているそうで、なめらかな動きで熱唱する美麗な姿に、集まった観客も見とれていたようだ。

最終更新:9月17日(土)11時21分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。