ここから本文です

松岡茉優、アニメ『聲の形』監督の珍妙アドバイスを真面目に実践!

シネマトゥデイ 9月17日(土)21時46分配信

 アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」などで知られる京都アニメーションが、漫画家・大今良時の人気コミックを劇場アニメ化する『映画「聲の形」』の初日舞台あいさつが17日、都内で行われ、入野自由、早見沙織、松岡茉優、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行ら声優陣と山田尚子監督が登壇、アフレコ現場で『映画 「けいおん!」』などの山田監督から一風変わったアドバイスが飛んだと明かした入野と松岡が、笑いを交えて裏話を披露した。

【写真】アニメ『聲の形』ついに初日!

 本作で、松岡は主人公・石田将也の小学生時代を、入野は高校生になった将也の声をそれぞれ担当。ガキ大将だった将也は、転校生で聴覚障害のあるヒロイン・西宮硝子(早見)と出会い、無邪気さゆえに硝子に思いを伝えられぬまま、ある出来事を機に周囲から孤立してしまう。5年後、別々の場所で高校生になった二人だが、将也は再会のため硝子のもとを訪れ、切なすぎる青春が動きだしていく。

 役づくりについて入野は、「伝えたいのに伝わらない、でもつながりたいという将也の思いを根底に持つことがポイントでした」と話した後、「山田監督からは『大きな小動物がおびえている感じ』とアドバイスをいただいて。確かに将也は体が大きいのに弱気なところがあるけど、大きな小動物って何だろうって」と正直に告白。すると松岡も「私も『将也はハンバーグみたいに』と監督にいわれて、録音ブースで『ハンバーグ、ハンバーグ』って叫んでいたら、監督から『その意気だ』って励まされました」と爆笑エピソードを披露した。

 また松岡が「名だたる声優さんに混じって、本当に私でよかったのなら、そうだと強く言ってください」と山田監督に問い直す場面も。見かねた入野が「松岡さん自身の伝えたいという思いが、将也にバッチリはまっていますよ」と助け船を出し、早見も「幼少期の将也と硝子がぶつかるシーンで、松岡さんと私の声がかみ合った時、ものすごいハーモニーが生まれたと思います」と語っていた。

 一方、奇妙なアドバイスについて「声のイメージを固定したくなかったから」と笑っていた山田監督だったが、最後に作品のこだわりを聞かれると「本作は声を描く作品なので、様々な音と声を大切にしました。キャストのみなさんが悩みながら、声がぎゅうぎゅうに詰まった、将也を囲む美しい世界を作ってくれました」と胸を張った。(取材/岸田智)

『映画「聲の形」』は新宿ピカデリーほか全国公開中

最終更新:9月17日(土)21時46分

シネマトゥデイ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。