ここから本文です

佐藤健の写真展が本日スタート、会見でウユニ塩湖に思い巡らせ「結婚式したら素敵」

映画ナタリー 9月17日(土)12時26分配信

佐藤健の写真展が、9月17日から23日にかけて東京・新丸の内ビルディングと丸の内ビルディングの2会場にて開催。オープンを迎えた本日、佐藤が現場を訪問し報道陣の囲み会見に応じた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この写真展は、佐藤が2016年に俳優生活10周年を迎えたことを記念して行われるもの。新丸の内ビルディングには、9月12日に発売となった佐藤の写真集&DVD「X(ten)」の未公開カットが展示され、丸の内ビルディングではデビューからの軌跡を秘蔵写真を通して楽しめる。

ボリビア・ウユニ塩湖で行われた撮影について佐藤は「4年くらい前から行きたい場所ランキング1位でした」と述懐。展示された写真を眺めながら、佐藤は「空の中に立ってるような感じで」と感慨深げに撮影を振り返る。さらに、自身がウユニ塩湖の水平線をバックに佇む写真を指し示し「水の揺れが収まるまで5分くらい待って。すごい動きたかったんですけどね」と撮影時のエピソードも披露した。

続けて「あそこで結婚式したら素敵ですね。ウエディングドレスとビシっとしたスーツで」とコメント。結婚の予定について聞かれると「30代のうちにできたらいいかな」と話し、「もし僕が結婚するときまでに流行ってなかったら」とウユニ塩湖での挙式に思いを巡らせた。

また佐藤は、自身の写真集&DVD「X(ten)」に関して「写真集と別売りでもいいってぐらいDVDの内容が濃くて。動画で観るウユニ塩湖はまた違ったよさがあります」と印象を述べる。そして「今まで支えてくれた皆さんに感謝の気持ちを込めて作りました。こんな素敵な写真展も開催できて、10年やってきてよかったです」と明かし、会見を締めくくった。

なお佐藤が主演を務める「何者」が10月15日より全国公開。就職活動に励む大学生5人を軸に、SNS上の人間関係や自意識に翻弄される若者たちの姿を描く。共演には有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之が名を連ねている。

最終更新:9月17日(土)12時26分

映画ナタリー