ここから本文です

2大政党候補の一騎打ちに=初回テレビ討論会―米大統領選

時事通信 9月17日(土)6時25分配信

 【ワシントン時事】米大統領選に向けて26日にニューヨーク州で行われる初回のテレビ討論会は、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(68)と共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)の一騎打ちとなることが決まった。

 小政党「リバタリアン党」「緑の党」の候補が基準を満たさず、参加できないことが確定したためだ。

 討論会参加には、世論調査で15%以上の支持を得ることが必要。今回の大統領選は2大政党の候補の人気が高くなく、小政党の候補が基準を満たす可能性があると注目されていた。2回目と3回目の討論会の組み合わせは、今後決まる。 

最終更新:9月17日(土)6時29分

時事通信