ここから本文です

今井翼「宝物」3年ぶり山田洋次監督の舞台に挑戦

日刊スポーツ 9月17日(土)8時2分配信

 今井翼(34)が、来年3月上演の舞台「マリウス」に主演することが16日、分かった。脚本・演出は山田洋次監督が手がけ、13年11月の舞台「さらば八月の大地」以来、約3年ぶりに2人がタッグを組む。

 原作は仏の作家マルセル・パニョルの戯曲。人々と港町の風情を描いた仏の国民的な古典喜劇だ。今回は音楽劇としての上演となり、歌やダンスのシーンも盛り込まれる。今井はカフェの1人息子で、船乗りに憧れるマリウスを演じる。マリウスと恋仲になり、妊娠する幼なじみのファニーを瀧本美織(24)が演じる。

 今井は「山田監督との出会い、ご一緒させていただける時間は宝物です。作品が持つ人間の心の通い合いを温かく感じていただけるよう、しっかりと努めます」と意気込んだ。来年3月6日から27日まで、東京・有楽町の日生劇場で上演。

最終更新:9月17日(土)8時6分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。