ここから本文です

坂本、通算108度目の猛打賞!巨人では清水隆行と並ぶ歴代9位

サンケイスポーツ 9月17日(土)7時0分配信

 (セ・リーグ、巨人6-4ヤクルト、24回戦、巨人14勝10敗、16日、東京D)巨人・坂本勇人内野手(27)が16日、ヤクルト24回戦(東京ドーム)で今季12度目の3安打をマークし、入団10年目で通算1393安打に到達。今春の宮崎キャンプで臨時コーチを務めたOBの松井秀喜氏(42)が巨人でマークした1390本を抜いた。リーグ打率トップを走る主将の猛打賞で、チームは6-4で勝ち、今季本拠地でのヤクルト戦は10戦10勝となった。

 巨人が東京ドームで同一球団にシーズン10連勝したのは最多タイで、1988年6月-9月の大洋戦に次ぐ28年ぶり2度目。本拠地でヤクルトにシーズン10連勝以上したのは、後楽園時代の67年に開幕から13連勝して以来49年ぶり。

 坂本は1試合3安打を放ち通算1393安打とし、巨人では松井秀喜の1390安打を抜いて歴代単独11位。通算1268試合目の坂本は松井と同じ出場試合数で、ゴジラ超えを果たした。猛打賞(1試合3安打以上)回数は通算108度目となり、巨人では清水隆行と並ぶ歴代9位。

最終更新:9月17日(土)7時54分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]