ここから本文です

飯舘に牛が戻ってきた 繁殖農家「再開でき励みに」

朝日新聞デジタル 9月17日(土)8時57分配信

 原発事故後、飯舘村から避難していた繁殖用の雌牛4頭が16日、自ら生んだ子牛や孫牛を連れて、5年3カ月ぶりに村の牛舎へ戻ってきた。震災前、福島県内有数の畜産地帯だった飯舘村では、3世代の「里帰り」に、村再興への期待が膨らんでいる。

【写真】預けていた牛を連れて飯舘村へ出発する山田長清さん=16日午前、猪苗代町蚕養

     ◇

 猪苗代町の県農業総合センターの牛舎。16日午前、飯舘村の繁殖農家の山田長清さん(65)の13頭の牛たちが、次々とトラックへ乗り込んだ。このうち4頭は2011年6月に村から避難させた牛だ。

 あれから5年3カ月。4頭から子牛、そして孫牛が生まれ、今回、計13頭の大所帯での帰郷となった。

 2時間以上かけて、牛たちと一緒に村に到着した山田さんは農家の仲間から「お帰り」と迎えられ、照れくさそうに「やっぱり、自分の牛舎に牛がいるのは、うれしいね」。

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)8時57分

朝日新聞デジタル