ここから本文です

室屋選手に「空の夢賞」 福島市在住のエアレースパイロット

福島民報 9月17日(土)9時32分配信

 福島市在住のパイロット室屋義秀選手(43)は日本航空協会の「空の夢賞」を受賞した。表彰式は20日、東京で行われる。
 空の夢賞は平成19年に制定され、航空、宇宙に対する夢や希望を与え、明るい話題を提供するなどの貢献をした人やグループに贈られている。グループでは小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチームやホンダジェット開発チームなどが受賞。個人では土井隆雄氏と若田光一氏に贈られており、宇宙飛行士以外の受賞は室屋選手が初となる。
 室屋選手は平成21年から初のアジア人パイロットとしてレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップに参戦しており、今年6月に千葉市で開かれた今季第3戦で日本人初優勝を果たした。福島県内での復興支援活動や航空イベントにも積極的に参加し、未来を担う子どもたちに夢や希望を与えている。
 また、全国各地での飛行やメディアを通した情報発信により航空スポーツの認知度や人々の関心を高め、振興に大きく寄与したことなどが評価された。
 室屋選手は今年6月に福島民報スポーツ大賞を受賞している。

福島民報社

最終更新:9月17日(土)11時39分

福島民報