ここから本文です

京葉銀行文化プラザ廃止へ 千葉

産経新聞 9月17日(土)7時55分配信

 千葉市は16日、中央区富士見の京葉銀行文化プラザ(千葉市文化交流プラザ)を来年度末(平成30年3月)に廃止すると発表した。10年以上音楽ホールを継続する条件を設けた上で、土地・建物を一体で売却する方針。市は、設備更新に同年度以降の5年間で10億円程度がかかる見込みであることなどを廃止理由に挙げている。

 市によると同館の昨年の稼働率は61・1%。同じJR千葉駅周辺にある千葉市民会館の大ホール(70・3%)、小ホール(65・6%)、千葉市文化センター(78・4%)と比べ低かった。10月いっぱい、市文化振興課へのメールや郵送などで意見を募集する。電話や口頭では受け付けない。10月16日には、午前10時半から文化プラザで説明会を行う予定。

最終更新:9月17日(土)7時55分

産経新聞