ここから本文です

横田よフェニックスLで結果出せ!虎・掛布2軍監督「腰の回転を意識」

サンケイスポーツ 9月17日(土)7時0分配信

 (ウエスタンリーグ、広島2-1阪神、16日、由宇)阪神・掛布雅之2軍監督(61)が16日、10月の宮崎フェニックス・リーグまで横田慎太郎外野手(21)を二人三脚で鍛え上げる意向を示した。今後参加選手については決定するが、横田が参加の場合は厳しく結果を求めていく。ウエスタン・広島戦(由宇)は1-2で敗れた。

 虎の大砲候補の成長を助けるためには時も場所も選ばない。掛布2軍監督が10月の宮崎フェニックス・リーグで横田の進化を見極める考えを示した。

 「横田の場合は、フェニックスだろうね。そこでどれだけ、試合の中で形が作れるか。打撃練習は良くなってるからね。きっかけなんだよ。本塁打ならいいね」

 この日は4打数無安打だったが、九回の最終打席には大きな右飛。「うまく打ってる。鳴尾浜なら入ってる」と将をうならせた。

 8月の月間打率・280と安定してきたが、9月に入るとガクンと落ちて月間打率は1割にも満たない。試合後にはさっそくスタンス幅を約一足分狭め、より「安定するから、腰の回転を意識させた」と掛布2軍監督。さっそく修正を施した。

 横田は「やっていることは間違っていないと思います。でも、これで結果が出ないということは自分の実力不足です。継続していきます」と誓った。実りの秋を迎えてみせる。

最終更新:9月17日(土)7時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。