ここから本文です

虎の聖地でカープ愛を叫ぶ 大阪・梅田で県人会が祝賀会

朝日新聞デジタル 9月17日(土)9時20分配信

 広島カープのセ・リーグ優勝祝勝会が16日、大阪・梅田であった。甲子園球場へ向かう駅がある阪神タイガースの「聖地」で、赤いユニホームが乱舞した。

【写真】「優勝おめでとう!」と叫びながら、バットで鏡開きをする関西在住のカープファンら=16日午後、大阪市北区、半田尚子撮影

 近畿広島県人会が主催した。ファンらは酒だるをバットで割って鏡開き。行き交う人々に「応援ありがとう」と声をかけ、約1千人分の酒を振る舞った。

 四面楚歌(しめんそか)かと思いきや、甲子園球場へ向かう阪神ファンからは、思わぬエールも寄せられた。「今年は文句なし。西日本の仲間の日本一を応援しまっせ」

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)9時56分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。