ここから本文です

臭いケア、職場でも=女性社員も意識、対策広がる

時事通信 9月17日(土)7時0分配信

 汗やたばこなど不快な臭いへの気配りが、ビジネスの場で広がっている。男性より臭いに敏感な女性が職場に増えたこともあり、取引先や顧客に加え、従業員も意識した消臭対策に力を入れ始めた。

 日本交通(東京)はプロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(P&G、神戸市)と共同で、消臭対策を施したタクシー「ファブタク」1万3500台の運行を全国で始めた。車用消臭剤の使用や乗務員の衣服の臭い確認を徹底。対象車両にはステッカーが貼られ、9月末まで運行する。

 日本交通の川鍋一朗社長は「タクシー利用者の改善希望トップは車内の臭い」と指摘。消臭対策が顧客満足度の向上につながるとの認識を示す。

 「カラオケまねきねこ」をチェーン展開するコシダカ(東京)は1日から、東京都など首都圏の114店を全室禁煙にした。たばこの臭いを嫌う客が増えているためで、全国へ拡大する考えだ。 

最終更新:9月17日(土)7時4分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]