ここから本文です

7000万円ダイヤモンドリングは誰の手に?…TBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」

スポーツ報知 9月17日(土)6時5分配信

 女優の武井咲(22)と「タッキー&翼」の滝沢秀明(34)が初共演しているTBS系ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(火曜・後10時)の、最終話となる20日の放送で7000万円のダイヤモンドリングが登場することになった。また、世界に一つだけの特別なティファニーブルーのボックスも披露される。

 ティファニーの独身広報部員・栗原未亜(武井)と副社長・三好海里(滝沢)との、禁断の不倫愛を軸にした人間模様を描く。劇中では総額46億円のジュエリーを展示した会場や、常時100点以上のジュエリーを使用するなど豪華さを極めており、武井は7月に行われた第1話完成披露試写会でも総額1億6000万円となるティファニーのネックレス、指輪、イヤリングを身につけ登場。話題となっていた。

 未亜、海里、そして海里の妻で、木南晴夏(31)演じる優香の思いがぶつかり波乱の展開で迎える最終回。それらの人物の思いをティファニーのアンティークジュエリーがつなぐ。果たしてこのリングボックスは誰から誰の手に渡るのか、超豪華なアイテムが物語のラストの重要な役割を果たすという。

最終更新:9月17日(土)6時5分

スポーツ報知