ここから本文です

コーエーテクモ、“戦国死にゲー”「仁王」のブラッシュアップ方針を発表

Impress Watch 9月17日(土)15時21分配信

 コーエーテクモは、新作和風アクションRPG「仁王」の紹介ステージを東京ゲームショー2016にて開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 15日のイベントステージではゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウ氏が登場し、構想10年の和風ダークファンタジーとして大々的な発表するといった趣きが強かったが、16日のステージではディレクターの早矢仕洋介氏、安田文彦氏が登場し、主にβ体験版で受けたユーザーアンケートに応えるブラッシュアップの方針を発表するという、少々コアながら、ユーザーにはうれしい報せを届けるステージとなった。

 大方針としては、早矢仕ディレクターによると「難易度と達成感はそのままに、ユーザーのストレスになっていた部分を減らしてより爽快に“死にゲー”を楽しんでいただく」とのこと。

 β体験版中にもユーザーの意見を受けて何度か調整が入っていたが、製品版に向けて理不尽な部分や、逆にドロップなどで優遇されすぎていた部分、ユーザーインターフェイスなどに手を入れていくということで、特にβ体験版をプレイしたで改善してほしいと感じたユーザーは目を通してみてほしい。

 今回発表したブラッシュアップ方針は公式HPにも掲載されるとのこと。早矢仕ディレクターは「β体験版をプレイした方や楽しみにしているユーザーはチェックしてほしい」と締めくくった。

【「仁王」TGS2016 トレイラー】

GAME Watch,大用尚宏(クリエンタ)

【関連記事】

最終更新:9月17日(土)15時21分

Impress Watch