ここから本文です

ウソツキ×PELICAN FANCLUB×polly、レーベル愛に満ちた「代沢まつり」宇都宮で開幕

音楽ナタリー 9月17日(土)14時21分配信

DAIZAWA RECORDS所属のウソツキ、PELICAN FANCLUB、pollyの3組によるツアー「代沢まつり<DAIZAWA RECORDS 15th Anniversary for the Future>」が、昨日9月16日に栃木・HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2にて開幕した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「代沢まつり」はDAIZAWA RECORDSの設立15周年を記念して行われるもの。各会場ではそれぞれ3組のステージに加え、「代沢まつり」のために出演者たちが用意したスペシャルなオープニングアクトのパフォーマンスも実施される。初日公演では宇都宮が地元であるpollyがK.E.N名義でアコースティックセットのライブを披露。サングラスをかけた刀川翼(B)がリードするK.E.Nは、pollyのライブでは普段あまり披露することのない「雨降り路地」を届け、ファンを喜ばせた。

この日のトップバッターはPELICAN FANCLUB。DAIZAWA RECORDSをこよなく愛するというエンドウアンリ(Vo, G)は「代沢まつりです。僕は震えています。色んなことを思い出します。10年ぐらい前にDAIZAWA RECORDSというものを知って、そこに所属するアーティストを無意識のうちに好きになって。『自分たちがデビューするならDAIZAWA RECORDSがいいね』って言っていました」と感慨深げに語る。バンドはDAIZAWA RECORDSの看板を背負ってのツアーに参加できることに感謝しながら、ラストの「記憶について」まで駆け抜けた。

2番手のウソツキは最新作「一生分のラブレター」の楽曲を中心としたセットリストでライブを展開。エンドウと同じくDAIZAWA RECORDSに所属していることに誇りを持つという竹田昌和(Vo, G)は「皆さんはDAIZAWA RECORDSをあまり知らないかもしれない。syrup16gや椿屋四重奏、THE NOVEMBERS、きのこ帝国……僕がカッコいいなあと思っていたバンドがこのレーベルからたくさん出てきたんです。そして、次のDAIZAWA RECORDSの“カッコいいバンド”は僕らなんです。だからウソツキとpollyとPELICAN FANCLUBの名前を覚えて帰ってください」と観客に訴えかけた。

この日のトリを務めたpollyの越雲龍馬(Vo, G, Syn)もエンドウ、竹田に負けじと自分なりの言葉でDAIZAWA RECORDSが好きなレーベルであることを明かす。本編終了後、彼らは「代沢まつりだから」と理由をつけ、普段は行わないアンコールを数年ぶりに実施。音源化されていない初期のナンバー「シシィ」を披露して、「代沢まつり」の初日公演を締めくくった。

本日9月17日には宮城・HooK SENDAIにて「代沢まつり」の2公演目が開催される。その後は22日に大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE公演、翌23日に愛知・APOLLO BASE公演と続き、10月4日の東京・渋谷CLUB QUATTRO公演でツアーファイナルを迎える。なおファイナル公演にはDAIZAWA RECORDS出身のきのこ帝国がゲストとして登場する。チケットは各プレイガイドにて販売中で、各会場では入場者全員にDAIZAWA RECORDSロゴ入りトートバックがプレゼントされる。

代沢まつり<DAIZAWA RECORDS 15th Anniversary for the Future>(※終了分は割愛)
2016年9月17日(土)宮城県 HooK SENDAI
2016年9月22日(木・祝)大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
2016年9月23日(金)愛知県 APOLLO BASE
2016年10月4日(火)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
<出演者>
ウソツキ / PELICAN FANCLUB / polly
東京公演ゲスト:きのこ帝国

最終更新:9月17日(土)14時21分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。