ここから本文です

<稚内-サハリン航路>今季最終便出航 期間中511人利用

毎日新聞 9月17日(土)8時30分配信

 8月に運航再開した稚内-サハリン航路の今季最終便が16日、稚内港を出港した。14往復28便の運航が予定されていたが、悪天候などで12往復24便となり、期間中511人が航路を利用した。

 目標の1000人には届かなかったが、稚内市出資の三セク・北海道サハリン航路(HSL)の藤田幸洋社長は「今年は試験運航のようなもの。上出来だと思う」と振り返り、「サービス面での改善や貨物の取り扱いなどを来季に向けて検討したい」と語った。【金子栄次】

最終更新:9月17日(土)8時30分

毎日新聞