ここから本文です

35歳の奇跡!長谷川、3階級制覇 日本最年長戴冠

スポニチアネックス 9月17日(土)7時1分配信

 ◇WBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチ ○同級5位・長谷川穂積 9回TKO 王者ウーゴ・ルイス●(2016年9月16日 エディオンアリーナ大阪)

 奇跡の勝利だ。プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級タイトルマッチが16日、エディオンアリーナ大阪で行われ、元世界2階級王者で同級5位の挑戦者・長谷川穂積(35=真正)は王者ウーゴ・ルイス(29=メキシコ)に9回終了TKOで勝った。負ければ引退という背水の陣で日本人4人目の3階級制覇を達成。35歳9カ月での世界王座獲得は日本人最年長記録となった。また、WBCバンタム級王者・山中慎介(33=帝拳)が同級1位アンセルモ・モレノ(31=パナマ)に7回1分9秒TKO勝ちし、国内歴代2位タイとなる11度目の防衛に成功した。

 父親はドヤ顔だった。勝利後のリング。緑に輝くベルトをけさがけにした長谷川は長男・大翔(ひろと)君(13)、長女・穂乃(ほの)さん(10)を出迎えた。「おめでとう」の祝福に目尻が下がる。バンタム級で長期政権を築いた当時は大翔君を抱っこするのが勝利後の儀式。初めてリングに上げた時、2歳だった大翔君は自身を2センチ上回る身長1メートル70まで成長した。逆に抱っこしてもらい「最高です!」と笑った。

 ハイライトは9回だ。8回終了時採点で2―1とリード。だが、場内の拍手は悲鳴に変わった。王者の左アッパーを食らい、たまらずクリンチ。再開後、ロープに追い込まれた。だが、百戦錬磨の35歳は冷静だった。「王者は攻撃が粗い。ここがチャンス」。大振りをかわし、地鳴りのような声援を受けながら逆襲。19連打で形勢を逆転した。そして、10回の開始を告げるゴング。だが、王者は動かない。いや、動けなかった。不屈の闘志が奇跡を起こした。

 「ここまで長かった。(久しぶりのベルトは)夢みたい。“負けたら引退”という選手はよく負ける。僕は絶対に勝とうと思った」

 負ければ引退――。今年7月の世界戦発表会見で「ラストチャンス」と宣言。背水の陣で臨んだ。ハプニングに襲われたのは8月上旬。スパーリングで左手親指の付け根を脱臼骨折した。心配顔の山下会長に「親指以外は元気。(試合は)やりますよ」と即答。その日のうちに手術し、練習も続行。座薬を入れてジムワークもこなし、左手にプレートを埋め込んだまま、使える右ジャブを磨いた。パンチを打った際の痛みが和らいだのは今週に入ってから。ボクシング人生を懸けた戦いは負傷をも乗り越えた。

 11年4月、WBC世界フェザー級王座から陥落。10年10月に亡くなった最愛の母へささげるために獲ったベルトを失った。戦う理由も見失い、引退を考えた。毎日「やろう」「辞めよう」と心が揺れる。この2カ月前に井岡一翔(井岡)が国内最短記録(当時)の7戦目で世界王座を獲得。世間に「新旧交代」と受け止める空気があった。

 精神面の不安定はパフォーマンスの低下に直結。昨年12月のノンタイトル戦は判定での完勝ながら2度もダウンを喫した。ふがいなさにようやく目が覚めた。そして、「35歳で、できるボクシング」の完成を目指した。「目標が定まらなかった時は苦しかった。でも、この5年半があるから今がある。すべてに意味がある」。今後については「終わったばかりで正直、考えてない」ともらした。この日ばかりは久しぶりの勝利の味だけを思う存分、かみ締めた。

 ◆長谷川 穂積(はせがわ・ほづみ)1980年(昭55)12月16日、兵庫県西脇市生まれの35歳。99年11月、プロデビュー。03年5月、東洋太平洋バンタム級王座獲得(防衛3)。05年4月、世界初挑戦でWBC世界同級王者ウィラポン(タイ)に判定勝ちして王座獲得(防衛10)。10年4月、WBO同級王者モンティエル(メキシコ)に4回TKO負けして陥落。同年11月、WBC世界フェザー級王座獲得で2階級制覇も、12年4月の初防衛戦で4回TKO負けした。身長1メートル68、リーチ1メートル71の左ボクサーファイター。家族は泰子夫人、長男・大翔くん、長女・穂乃さん。

最終更新:9月17日(土)9時25分

スポニチアネックス