ここから本文です

「残念」「200巻は永遠」=各界で別れ惜しむ声―こち亀

時事通信 9月17日(土)7時40分配信

 漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)」が17日発売の週刊少年ジャンプで連載を終了した。

 休載なく40年続いた人気作品だけに、完結が公表されて以来、別れを惜しむ声が絶えない。

 辛口の漫画通として知られる麻生太郎財務相は記者会見で「とても残念。ネタ切れと思われないでもないが、他の漫画でネタ切れしてる感じで続いているものはあるから」とコメント。かつてブログに「読んで笑えないと体調が悪いのかなと、週一回の体調チェックになっている」と記したこともあり、日常に存在して当然の存在感をたたえた。

 サブカルチャーに詳しいタレントの中川翔子さんはツイッターで「ずっと続いてくれると思ってた。でも200巻は永遠に残る」と発信。17日同時発売された単行本最終巻まで積み上がった歴史の重みを振り返った。

 連載終了後も舞台やアニメ放送が控えており、掲載誌の瓶子吉久編集長は「まだイベントは続いております」とアピールに余念がない。 

最終更新:9月17日(土)7時45分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。