ここから本文です

塹江悪夢振り払う好投 151キロ出た「次も腕振る」

スポニチアネックス 9月17日(土)7時1分配信

 ◇セ・リーグ 広島8-0中日(2016年9月16日 マツダ)

 広島の2年目の左腕・塹江がデビュー戦の悪夢を断ち切った。9回から3番手で登板し最速151キロ直球主体に大島ら上位打線を3人で仕留めた。

 プロ初登板となった11日の巨人戦(東京ドーム)では2点ビハインドの7回に登板し、初球を長野に被弾するなど1死しか奪えず6失点した。「前回と違って直球に力も出せた。次もどんどん、腕を振っていきたいと思う」と19歳の若さを武器に貴重な経験を積んでいく。

最終更新:9月17日(土)7時1分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報