ここから本文です

AC「マジシャンズデッド」の全国キャラバンとアメリカ進出が決定!

Impress Watch 9月17日(土)17時37分配信

 バイキングは2016年冬に稼働予定のアーケード用ハンドパワー多人数対戦アクション「マジシャンズデッド」の新情報を発表するスペシャルステージを東京ゲームショウ2016にて開催した。

【この記事に関する別の画像を見る】

【「マジシャンズデッド」デモムービーver2】

 ステージにはバイキング代表取締役の尾畑心一朗氏が登壇し、登場キャラクターのシヴァン、クラリスの公式コスプレイヤーとともに本作の概要をあらためて解説していった。続いてプログラムは実機での3対3のプレイデモへと移り、ゲストとしてプロゲーマーの総師範KSK氏とまちゃぼー氏が登場した。

 開発スタッフも含めた6人でのプレイデモでは、本作の特徴である右手の非接触モーションセンサーを駆使するさまざまなアクションが披露された。独特なコントロール方法について総師範KSK氏は、「普段スティックとボタンでの操作に親しんでいる僕らでも、ちょっと練習すればすぐ自由に動けるようになるぐらい入りやすい」と開発者チームとの対戦プレイに手ごたえを感じた様子だった。

【3対3のプレイデモの様子】

 ステージの最後に本作の重大発表として、10月からの国内全国キャラバン開催と、アメリカへの進出が明らかになった。全国キャラバンは開催地を現在調整中とのことで、詳細は今後公式サイトで公開が予定されている。

 アメリカ進出についてはアミューズメント施設「ラウンドワン」での稼働が予定されており、2016年9月現在は全米11店舗での展開が発表されている。尾畑氏は「バイキングは新しく若いゲームメーカーだが、自分たちにしかできない挑戦をしていきたい。日本だけでなく世界にも面白いゲームをどんどん送り出していきたい」と、本作を含めた今後の活動に意欲を見せていた。

©2016 BYKING Inc. All rights reserved.
©2015-2016 EXIGE GAMES Sdn.Bhd. All rights reserved.

GAME Watch,市川太一(クリエンタ)

【関連記事】

最終更新:9月17日(土)17時37分

Impress Watch