ここから本文です

香妻、今季自己ベスト67で3打差6位発進「目標は優勝」/国内女子

サンケイスポーツ 9月17日(土)7時0分配信

 マンシングウェアレディース東海クラシック第1日(16日、愛知・新南愛知CC美浜C=6397ヤード、パー72)ツアー初優勝を目指す香妻琴乃(24)=サマンサタバサ=が今季自己ベストの67をマークし、首位に3打差の6位発進。母校の宮崎・日章学園高3年のアマチュア、三浦桃香(17)と初の同組ラウンドで、先輩の貫禄を示す好スタートを切った。64で回った成田美寿々(23)=オンワードHD=と全美貞(33)=韓国=が首位に並んだ。

 香妻がボギーなしの5バーディー。先輩の力を後輩に示して好発進に成功し、笑顔を見せた。

 「バーディー合戦のコースで得意というイメージはないけど、いいプレーができたかな」

 この日は母校・日章学園高3年のアマチュア、三浦桃香と同組。自分が着ていた体操服とジャージーを受け継ぐ後輩とツアーで初めて回った。三浦も5バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの72で53位とまずまずの位置につけたが、5打差をつけての“圧勝”。三浦は「憧れの先輩。うますぎて見とれていました」と脱帽した。

 現在賞金ランク56位(約1216万円)の香妻。同ランク上位50人に入って来季シードを確保できるか微妙な位置だが「目標は優勝。シードを失っても、それで終わるわけではないし」。目指すものにブレはない。

最終更新:9月17日(土)11時17分

サンケイスポーツ