ここから本文です

「三つ目がとおる」、チャンピオンREDで復活!高校生の写楽たち描く

コミックナタリー 9/17(土) 15:08配信

本日9月17日発売の月刊チャンピオンRED11月号(秋田書店)で、手塚治虫「三つ目がとおる」を原作とした「三つ目黙示録~悪魔王子シャラク~」がスタート。脚本は「BMネクタール」などで知られる藤澤勇希、マンガは「生徒会副会長矢上さゆりは頑張っている!」の柚木N'が手がける。

【この記事の関連画像をもっと見る】

1974年から週刊少年マガジン(講談社)に連載され、アニメ化もされた「三つ目がとおる」。普段は平凡な中学生だが、絆創膏の下に隠した第3の目が現れると天才的な頭脳と超能力を発揮する「三つ目族」の末裔・写楽保介の活躍を描いたオカルトSFだ。

このリブート作の舞台は2016年。ある山奥の工事現場で、謎の古代遺跡と、「赤いオロチ」と名付けられた武器のようなものが発掘された。そこに現れた高校生・写楽保介は、自ら「三つ目族」の末裔であることを名乗る。また今月号には手塚と柚木のイラストが両面に配されたクリアファイルが付属している。

なお10月19日発売の12月号からは、松本零士原作・総設定・デザインによる島崎譲「ガンフロンティア~ハーロック&トチロー青春の旅~」がスタートする。

最終更新:9/17(土) 15:08

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]