ここから本文です

車いすラグビー、米国に惜敗=競泳木村、5個目のメダルならず〔パラリンピック〕

時事通信 9月17日(土)8時4分配信

 【リオデジャネイロ時事】リオデジャネイロ・パラリンピック第10日の16日、準決勝進出を決めている車いすラグビーの日本は米国に延長戦の末56―57で敗れ、1次リーグB組を2勝1敗の2位で通過した。17日の準決勝ではA組1位のオーストラリアと決勝進出を争う。

 競泳男子200メートル個人メドレー(視覚障害)の木村敬一(東京ガス)は4位となり、自身今大会五つ目のメダルはならなかった。女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害)では、46歳の成田真由美(横浜サクラ)は5位だった。女子400メートルメドレーリレーの日本(池、一ノ瀬、森下、成田)は5分21秒68の日本新記録で7位だった。

 アーチェリー女子個人コンパウンド(立位など)の平沢奈古(日本身体障害者アーチェリー連盟)は初戦の2回戦でブラジル選手に131―140で敗れた。

 自転車男子ロードレース(脳性まひおよび運動機能障害)の藤田征樹(日立建機)は13位で、タイムトライアルの銀に続く2個目のメダル獲得はならなかった。川本翔大(大和産業)は31位。 

最終更新:9月17日(土)9時42分

時事通信