ここから本文です

「こち亀」40年フィナーレ ジャンプと単行本が発売

朝日新聞デジタル 9月17日(土)11時14分配信

 40年続いた秋本治さん(63)作の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の最終回を掲載した「週刊少年ジャンプ」(集英社)と、最終回を収録した単行本第200巻が17日、発売された。

【写真】人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の最終回を収録した単行本第200巻が書店に並んだ=17日午前、東京都葛飾区、長島一浩撮影

 1976年に連載スタート。単行本は累計1億5千万部以上を売り上げ、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録にも認定された。

 地元のJR亀有駅(東京都葛飾区)近くのTSUTAYA亀有店では、午前10時の開店を待っていたファンが、特設コーナーに積まれた「ジャンプ」と、「40」の形に並べられた最終巻を次々と手に取った。

 亀有に住んで15年という男性(70)は「地元が舞台なのでずっと親しみを感じて読んできた。連載が終わるのは残念。ハチャメチャで、人情味もあるところが好きだった。最終回もきっと楽しませてくれるんだろうなと思う」と話した。(小原篤)

朝日新聞社

最終更新:9月17日(土)18時16分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。