ここから本文です

主演オダギリジョー不在の舞台あいさつ 松田翔太が代読

デイリースポーツ 9/17(土) 14:25配信

 俳優のオダギリジョー(40)が17日、都内で行われた主演映画「オーバー・フェンス」の公開初日舞台あいさつを欠席。主演不在という異例の初日となったが、日本とキューバ合作の主演映画「エルネスト」の撮影で滞在しているキューバからメッセージを届けた。

 女優・蒼井優(31)、俳優・松田翔太(31)ら豪華キャストが登壇する中、オダギリは粗めの画像のパネルで登場。松田が「手紙を預かっております」とオダギリのメッセージを代読した。

 「公開初日に主演がいないというのは聞いたことがない、まさに前代未聞の状況。ある意味マンネリ化していた初日舞台あいさつの在り方に新たな光を射したのかもしれませんね」

 海を渡って届いたコメントに会場は笑いに包まれ、松田は「独特の空気を感じながら、(読みましたが)笑っていただけたので、(本人も)うれしがっていると思います」と笑顔をのぞかせた。そばで聞いていた蒼井も「楽屋でボソボソ練習していたので、よかった」と無事に代読を終えた松田を称えていた。

 オダギリは「エルネスト」でチェ・ゲバラのゲリラ部隊に参加した日系人を演じている。現在の状況について、「今まさにキューバで体重を10キロ落としゲリラ戦を撮影している最中」と近況も明かしていた。

最終更新:9/17(土) 15:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]