ここから本文です

野望が叶う!? 竹本英史さん&伊藤かな恵さんが『信長の野望 ~俺たちの戦国~』に出演決定!【TGS 2016】

ファミ通.com 9月17日(土)15時32分配信

文・取材:編集部 北口徒歩2分、撮影:カメラマン 小森大輔

●実機映像を交えてゲーム内容を解説
 2016年9月15日(木)から9月18日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2016(15日・16日はビジネスデイ)。2016年9月17日にコーエーテクモゲームスブースで行われた、『信長の野望 ~俺たちの戦国~』ステージには、コーエーテクモゲームスでシブサワ・コウのブランド長を務める藤重和博氏のほか、声優の竹本英史さんと伊藤かな恵さんが出演した。
※関連記事
コーエーテクモゲームスの新作『信長の野望 ~俺たちの戦国~』は50人対50人のリアルタイムバトル!【TGS 2016】

 本作『信長の野望 ~俺たちの戦国~』は、最大50人対50人によるリアルタイムバトルが特徴。武将たちのビジュアルは新規で描かれたものも多数あり、本ステージでは織田信長や伊達政宗、井伊直虎らが公開された。また、伊藤さんが『真・三國無双』シリーズで人気キャラクターの王元姫役を演じていることから、竹本さんが王元姫の出演について水を向けると、藤重氏は「(『真・三國無双』シリーズを開発する)ω-Forceブランドのブランド長は僕の同期(小笠原賢一氏)なので、相談してみます」と前向きに返事していた。

 また、バトル面では、鉄砲や騎馬といった兵科を使いこなすのが重要であり、同じ兵科を編成するとコンボが発生する、といった要素もあるという。そのほか、街に施設を作る内政の要素や、戦国時代の物語を追体験できるストーリーモードも用意されるようだ。さらに、実機のプレイ映像も公開され、部隊を動かし、バトルを行う流れが詳しく解説された。

 ステージでは、本作のタイトルに引っ掛けた、”俺たちの◯◯”と題したトークコーナーも。”俺たちの挑戦”というテーマでは、伊藤さんが声優活動10周年を迎える中で、舞台や朗読劇など新しいことに取り組んでいると明かした。それを聞いた竹本さんは「若いっていいなあ。この歳になると新しいことって怖くて……」とテンションが下がっていたものの、自身もつぎのトークテーマ”俺たちの休日”の際に、半年ほど前にキックボクシングを始めたと語った。また、”俺たちの野望”というテーマでは、伊藤さんが「先ほど、帰蝶役が決定しましたよね?(笑) せっかくなので(本作に)何かの形で関われたら……」と迫ると、竹本さんも「僕も『信長の野望』が好きですから! 伊藤ちゃんだけ(出演する)ってのは納得がいかない」とアピールする。すると、藤重氏がふたりの願いを叶えるかのように、「じつは、おふたりに出演をお願いしたいと思っていました。これが私の野望です!」とその場でオファー! 戦闘中に使える簡易メッセージ”合戦サイン”の声を、ふたりに吹き込んでもらいたいということなので、どのようなものになるか、楽しみにしておこう。

 なお、『信長の野望 ~俺たちの戦国~』は、現在事前登録を受付中。事前登録を行うことで”真田幸隆☆3”がもらえるほか、事前登録者数10000人突破で”真田昌幸☆3”、20000人突破で”真田信幸☆4”、30000人突破で”本多稲☆4”と特典が増えていき、50000人を突破すると”真田幸村☆5”がもらえるという(特典の配布は、MobageIDにて事前登録を行った人のみ)。現時点ではすでに10000人を突破しているとのことだ。気になった人はいますぐ登録を!

●ステージの最後に公開された本作のオープニング映像

最終更新:9月17日(土)15時32分

ファミ通.com