ここから本文です

今年のゲームショウMVPはこれだ! 逆転の発想で作られた「1D(1次元)」ゲームがまさかの大人気

ねとらぼ 9/17(土) 22:57配信

 東京ゲームショウ、インディーゲームコーナーでは国内・海外問わずさまざまなインディーゲームを展示中。中でも注目を集めていたのが、ドイツ人クリエイターのRobin Baumgartenさんが開発した「Line Wobbler(ライン ウォブラー)」というゲームでした。このゲーム、なんと2次元でも3次元でもない、“1D(1次元)”ダンジョン探索ゲームなんです!

【緑色のドットがいわゆる“自機”】

 何といってもブースの見た目からして異様。5メートルくらいある白いLEDチューブがブースの上までアンテナのように伸びているのですが、実はこれが「Line Wobbler」のゲームフィールド。よく見るとLEDの上を緑の点が動いており、これがいわゆる“自機”になります。

 ルールは簡単で、ラインの一番下からスタートして、一番上までたどりつけば、画面(?)がスクロールして次のステージへ。これを繰り返してボスがいる最深部を目指します。途中に出てくる赤いドット(敵)や、一定間隔で点灯するオレンジのフィールド(マグマ)に触れると下まで戻されてしまって最初から。もちろん攻撃もでき、シンプルながらもちゃんとしたアクションゲームになっていました。

 今回はLEDチューブを上に伸ばしていたので、みんなアンテナを見上げながら遊んでいたのがシュールでしたが、実はこのLEDチューブ、好きな形に曲げて遊んでもよいのだそう。スペースさえあれば横向きに置いてもいいし、折り曲げて渦巻状のコースにしてもOK。もともとは部屋の壁に沿わせて遊ぼうと、こうした仕組みにしたとのことでした。

 現状ではこれ1台を作成するのに600ドルほどかかってしまっており、量産や販売などは難しいそう。今後はイベントなどで展示していきたいと語っていました。

 「Line Wobbler」はホール9のインディーゲームコーナーで遊ぶことが可能。ピカピカ光る白いアンテナが立っているので、遠くからでもすぐに見つけられるはずです。

最終更新:9/17(土) 22:57

ねとらぼ