ここから本文です

<岸和田だんじり祭>「ソーリャ、ソーリャ」大阪・泉州の秋

毎日新聞 9月17日(土)9時45分配信

 大阪・泉州の秋を彩る「岸和田だんじり祭」が17日、大阪府岸和田市内で始まった。大勢の見物客が見守る中、岸和田地区22台、春木地区12台の計34台のだんじりが市街地を豪快に駆け抜けた。

【写真特集】岸和田だんじり祭 女子も気合十分!

 「曳(ひ)き出し」の午前6時、「ソーリャ」「ソーリャ」と威勢の良いかけ声と鳴り物の音とともに、各町のだんじりが町に繰り出した。南海電鉄岸和田駅前の交差点では、速度を保ちながら直角に向きを変える「やりまわし」が決まるたびに歓声が湧いた。

 18日も各町のだんじりが岸城神社など三つの神社に入る「宮入り」などの行事が予定されている。【井川加菜美】

最終更新:9月17日(土)12時35分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。