ここから本文です

欅坂46の菅井友香さんが『バイオハザード7 レジデント イービル』の恐怖に打ち震える……【TGS 2016】

ファミ通.com 9/17(土) 16:02配信

文・取材:編集部 古屋陽一、撮影:カメラマン 堀内剛

●まあ、それは怖いです
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。いよいよ一般日が開幕した会期3日目の9月17日に、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ブースにて、”一遊入魂 バイオハザード7 レジデント イービル”が実施された。“一遊入魂(ワンプレイ入魂と読みます)”は、東京ゲームショウにおけるSIEのおなじみ企画で、クリエイターや著名人が、魂を込めたゲームプレイを披露するというものだ。

 イベントでは、まずは『バイオハザード7 レジデント イービル』のプロデューサーである川田将央氏と、プロモーション・プロデューサーの神田剛氏が登壇。東京ゲームショウでも極めて注目度の高い同作だが、「ユーザーの方からすごくいいリアクションをいただいています」(川田氏)、「恐怖を感じとってもらっているようです」(神田氏)とおふたりも手応えを感じている様子。


 引き続き、川田氏と神田氏は、『バイオハザード7 レジデント イービル』の特徴を紹介。同作が “恐怖”を第一に開発を進めていることや、コンセプトは脱出であること、“没入感(immersion)”を大切にしていることなどを説明。そのために、ご存じの通り本作ではシリーズ初となるファーストパーソンビューを採用。カプコンでは、これを“アイソレートビュー”と呼んでいるそうだが、アイソレート(つまり孤独)が、恐怖をさらに煽り立てるというわけだ。さらに、『バイオハザード7 レジデント イービル』の特徴として、“リアルな映像”や“探索”、“戦闘”、“アイテムマネジメント”などをピックアップ。まさに、『バイオハザード』シリーズらしい内容になっている。

 というわけで、作品の紹介が終わったあとは、メインイベントとなる“一遊入魂”へ。誰がプレイするのだろう……と思いきや、登場したのは欅坂46の菅井友香さん。なるほど……たしかに、『バイオハザード7 レジデント イービル』の恐怖を伝えるにはうってつけかも! と思いつつ壇上を見上げると、早くも不安げな菅井さん。これまでの最高の恐怖体験は“番組のロケで心霊スポットに行ったとき”と答えた菅井さんは、欅坂46の仲間である齋藤冬優花さん、小池美波さん、守屋茜さんの応援を受けながら、『バイオハザード7 レジデント イービル』の“一遊入魂”に臨んだのでした。菅井さんがプレイしたのは、東京ゲームショウ 2016でも出展されている『BIOHAZARD 7 : Lantern』。『バイオハザード7 レジデント イービル』の要素を一部抽出して構成されたデモ版だ。

[関連記事] 『バイオハザード7 レジデント イービル』“追われる恐怖”を体験! 今度は“ファミリーおばさん”!?【gamescom 2016】


 ざっくりと説明すると、プレイヤーはひとりの女性の視点となって、朽ち果てた洋館の中を、少しお年を召した女性から逃げる……という内容なのだが、これがなかなかに怖い。しゃがんだ壁と家具の隙間から追いかける老婆がちらりと見えたりと、“アイソレートビュー”ならではの恐怖を醸し出す演出も光る。菅井さんからは、「怖すぎ」、「(扉の先に)進みたくない」といったコメントが聞かれたが、それも無理からぬところ……。一度、菅井さんが老婆に見つかり、モニターいっぱいに突然老婆の顔が大写しになったときは、菅井さんのみならず、観覧者全員(記者も含め)が思わずのけぞったときは、「これぞ恐怖のパワーなんだな」と改めて実感したり。

 さて、2度の失敗を経て、(川田氏と神田氏のアドバイスなども受けながら)菅井さんはなんとか『BIOHAZARD 7 : Lantern』をクリアー。その後がどうなったのかは、モニターに表示されなかったのでさだかではありませんが、菅井さんの表情を見る限りでは、相当恐怖のシーンが展開されたようです。欅坂46のメンバーからは、「怖かったけど、楽しかった」(齋藤さん)、「私だったら進めていなかった」(小池さん)といった、菅井さんに対する慰労(?)の言葉が。

 改めて、「あなたにとって最高の恐怖体験は?」と問われた菅井さんは、「『バイオハザード7 レジデント イービル』です!」ときっぱり。何はともあれ、『バイオハザード7 レジデント イービル』の恐怖を伝える人材として、菅井さんは適任だったようです。

最終更新:9/17(土) 16:02

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]