ここから本文です

『ストリートファイターV』スペシャルステージでは、プロゲーマーのかずのこ選手がユリアンの魅力を披露!

ファミ通.com 9月17日(土)17時7分配信

●かずのこ選手がふたりのアシスタントプロデューサーと対決
 2016年9月15日(木)~9月18日(日)まで、千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ 2016(15日、16日はビジネスデイ)。17日のカプコンブースで行われた『ストリートファイターV』スペシャルステージをリポートする。

 まずは綾野アシスタントプロデューサーが、もはや恒例となった春麗のコスプレ姿で登場し、『ストリートファイターV』を知らない人ためにゲームの特徴を紹介。本作の対戦格闘ゲームとしての特徴として、クリティカルアーツ、Vリバーサル、Vトリガー、Vスキルという4つのバトルシステムを上げた。クリティカルアーツは極大ダメージを与える大技、Vトリガーはキャラクターの個性を引き出して有利な状況を作り出す技、そしてVリバーサルは相手に一矢報いる反撃技。強力なVトリガーとVリバーサルを使うために必要なVゲージを溜める役割を果たすのが、Vスキル。これらを駆使して闘うのが『ストリートファイターV』だという。

 その後、新キャラクターのユリアンが、2016年9月23日に行われる無料アップデートで追加されることが発表された。また、ユリアンの追加にともなってユリアンのバトルコスチュームとアレンジコスチュームが追加。さらに、条件を満たすことでファイトマネーがゲットできる“デイリーターゲット”、ステージ端で大技を決めて相手を倒すと見られる“ステージKO演出”のバリエーションの追加、そして、プレイステーション4用コントローラーを使用した際に、“1フレームの入力遅延”が生じていた不具合の修正などの要素も23日の無料アップデート後に反映されるとのこと。

 アップデート情報の紹介後は、ゲストにプロゲーマーのかずのこ選手を招き、ユリアンを使用してのエキシビションマッチが行われた。エキシビションマッチには、新たにアシスタントプロデューサーに就任した松本氏が乱入。ユリアンばりに服を脱ぎ棄ててかずのこ選手に挑んだ。松本氏はベガを使用するものの、かずのこ選手が操るユリアンの前に手も足もでず、最後は新たに追加予定の新ステージKO演出でトドメを刺されてしまった。

 続いてかずのこ選手に挑んだのは、綾野アシスタントプロデューサー。綾野氏も使用キャラクターにユリアンを選び、ユリアンどうしの対決に。「打ち合わせと違った(笑)」とかずのこ選手が振り返ったこの試合は、どうやら新ステージKOを見せるため“ガチ”な試合を行う予定ではなかったそうだ。しかし、綾野氏はカプコンカップ2015で世界一に輝いたかずのこ選手に勝ちたい一心で、打ち合わせを無視して勝負を決めにいき、油断していたかずのこ選手を倒してしまった。試合後のかずのこ選手は「綾野さんはアシスタントプロデューサーの顔ではなく、格闘ゲーマーの顔をしていました(笑)」とコメント。一方の綾野氏は、「かつての東京ゲームショウでウメハラさんに勝ち、昨年の東京ゲームショウでマゴさんに勝って、今回かずのこさんに勝ちました。もう敵はいないですね(笑)」と満面の笑みで喜びを語っていた。

 また、かずのこ選手はユリアンについて「技のモーションが『ストIII』に似ているので、昔使ったことのある人ならすぐに使える」と往年のプレイヤーにとって違和感のない作りになっていることを強調し、「Vトリガーを駆使すれば動きも変えられると思う」と『ストV』ならではの戦いかたを模索することもできそうだと、期待を寄せていた。

最後は綾野氏が今後開催予定の『ストV』関連イベントを紹介してステージを締めくくった。

最終更新:9月17日(土)17時7分

ファミ通.com