ここから本文です

広島・松山、判定覆った直後に適時打

デイリースポーツ 9/17(土) 15:47配信

 「広島-中日」(17日、マツダスタジアム)

 広島の松山竜平外野手が適時打を放った。

 四回だ。無死一塁から新井が左中間を二塁打。一塁から丸が一気に本塁へ滑り込むと、一度はセーフの判定を受けた。だがリプレイ検証の結果、判定が覆りアウトとなった。

 その後1死一、三塁から右前適時打。「打ったのはストレート。チャンスだったので、ダブルプレーを怖がらず思い切っていきました」と話した。

最終更新:9/17(土) 16:07

デイリースポーツ