ここから本文です

「GANTZ:O」挨拶で小野大輔「CGだけど体温感じる」、RGのあるあるも

コミックナタリー 9/17(土) 19:56配信

奥浩哉原作によるフル3DCGアニメ映画「GANTZ:O」の完成披露上映会が、去る9月16日に東京・お台場シネマメディアージュにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

上映後には加藤勝役の小野大輔、山咲杏役のM・A・O、岡八郎役のケンドーコバヤシ、島木譲二役のレイザーラモンHG、室谷信雄役のレイザーラモンRG、主題歌を手がけたドレスコーズの志磨遼平、さとうけいいち総監督、川村泰監督が参加する舞台挨拶も実施。映画にも出演した司会の吉田尚記アナウンサーがキャストを呼び込むと、HGはガンツスーツを身にまとい登場する。相方のRGが登壇してこないことについて吉田アナウンサーが不思議がると、「ちょっと!」と言いながら地肌にガンツスーツ風のボディペインティングを施されたRGが姿を現す。ケンコバから「でしゃばりすぎでしょ」とツッコミを入れられたRGは、「お詫びといってはなんですけど、『GANTZ:O』あるある1個だけ……」と、相川七瀬の「夢見る少女じゃいられない」にのせて、「どのシーン観ても薄暗い」とネタを披露した。

LINE LIVEによってネットでも中継されていた、この日の舞台挨拶。原作者の奥からもリアルタイムで反応が寄せられ、RGがあるあるネタを披露した段階で「素晴らしい出来です。100点です」とのコメントが届けられた。

その後作品についての感想を問われた小野は、「映画は全編3DCGで描かれているんですが、『GANTZ』ってXガンとか、転送装置とか近未来のギミックが出てくるので、相性がよいだろうなとは思っていたんです。実際に観てみてやっぱり素晴らしかったんですが、それ以上に表情や、息遣い、悲鳴なんかの人物描写が、『CGでここまで表現できるのか』って感じで。CGだけど熱量とか体温を感じるんです。自分(のキャラクター)もそうですけど、皆さん(のキャラクター)がしゃべっているのを観ても、そのキャラがしゃべっているようにしか聞こえない」とCGの描写について説明。この発言に対し吉田アナウンサーが「『今日は芸人さんがいるから真面目なことしか言わない』という決意がすごく伝わってくるコメントですね。普段のアニメのイベントでは基本楽しいことしか言わないから(笑)」とツッコむと、小野は苦笑いしながら「それは言わないでくださいよ」と返す。

M・A・Oは映画に対し「アニメーションのいいところと、実写のいい所を取っています。小野さんもおっしゃられてましたけど、表情であったり、髪の毛であったり、筋肉の力の入り具合も、すごく細かいところまで観ることができるんですけど、大胆さもあって。素敵な作品です」とコメント。大阪を舞台にした本作について、大阪生まれ大阪育ちのケンコバは「中学生のときから遊んでた町がバンバン破壊されていく。『あっ、ここ陣内(智則)と僕で、ヤンキーにしばかれて土下座したとこや』とか。いろいろ感慨深いものがありました」としみじみと語った。

原作の大ファンでもある志磨は、主題歌「人間ビデオ」について「すぐできました」と振り返る。「人間ビデオ」の歌詞には「GANTZ」を思い起こされるフレーズがいくつも盛り込まれており、川村監督は「歌詞を読んだとき、この人は本当に『GANTZ』が好きなんだろうなと思った」と楽曲に太鼓判を押す。志磨が「『GANTZ』を好きだっていうのを映画を観た人にアピールしたくて」と説明すると、「変」からの奥作品のファンだという小野も「(『GANTZ』愛が)炸裂してますよね」と絶賛した。

最後に小野は観客に「CGで、すごくスタイリッシュでクールに『GANTZ』の世界を描いてますが、その中にあるのは恐怖であったり誰かを守ろうとする熱い思いだっり、絆だったりするので、皆さんも熱い気持ちで見届けていただければ」とアピール。さとう総監督も「CGでアニメっていうのも多くありますが、ここまで硬派なCGのアニメもなかなかないと思う。誰かを守る、究極の選択をするっていう舞台が全部揃っている作品です」と続けた。

映画「GANTZ:O」は10月14日より全国ロードショー。なお10月23日までの期間、東京・NEWoManでは、展示イベント「映画公開記念特別展示 GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-」が行われている。

「GANTZ:O」キャスト
加藤勝:小野大輔
山咲杏:M・A・O
西丈一郎:郭智博
レイカ:早見沙織
鈴木良一:池田秀一
岡八郎:ケンドーコバヤシ
島木譲二:レイザーラモンHG
室谷信雄:レイザーラモンRG
ぬらりひょん:津嘉山正種
木村進:小野坂昌也
平参平:津田健次郎
原哲男:小川輝晃
アナウンサー:吉田尚記
玄野計:梶裕貴

映画公開記念特別展示 GANTZ:O -驚愕の映像世界への転送体験-
会期:2016年9月14日(水)~10月23日(日)
時間:11:00~21:00
会場:NEWoMan 5F
料金:入場無料、VRアトラクション900円

(c)奥浩哉/集英社・「GANTZ:O」製作委員会

最終更新:9/17(土) 23:58

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]