ここから本文です

隠岐の海が琴奨菊も破り上位陣全勝まで豪栄道だけ

日刊スポーツ 9月17日(土)9時52分配信

<大相撲秋場所>◇6日目◇16日◇東京・両国国技館

 東前頭筆頭隠岐の海(31=八角)が大関琴奨菊を小手投げで破り全勝を守った。2横綱3大関を撃破した男が上位陣全勝を狙って、今日7日目大関豪栄道と全勝対決を迎える。

【写真】豪栄道かど番優勝もあるぞ 今日隠岐の海と全勝対決

 快進撃が止まらない。ただ、ざわめく周囲と違い、隠岐の海はいたって冷静でいた。「(活躍を報じる)新聞も見ていない。これからですよ。まだ中日もいっていない。ここから連敗するかもしれない。その気になったら負けますから。明日負けたら、その気になったということで」。自己最多の初日から6連勝も、まるで意に介さなかった。

 快進撃を意識しているのは相手。そう捉えていた。「周りが意識している。(琴奨)菊関は右から張ってきた。普段は左じゃないですか。向こうが何か違うことをしようとしている」。

 左四つで寄られても、慌てなかった。左に回り込み、左のすくい投げで体勢を崩すと、すかさず反対の右から小手投げ。「左右の動きが今場所は強い。振ったら(相手が)振られますもんね。力が入っているのかな」。分析も冷静だった。

 これで2横綱3大関を倒した。平幕が横綱、大関を5人倒すのは昭和以降4人目の快挙。今日7日目には最後の大関豪栄道と全勝対決に挑む。出場した大関以上に全勝すれば平幕では04年夏の北勝力以来だが、6人撃破となれば例がない。「夜、どこにも出ていない。どこもいかないのが良いのかな」。支度部屋で冗談を飛ばすも、笑みはない。ひょうひょうとした姿にすごみがある。【今村健人】

 ◆平幕力士による横綱、大関5人以上撃破 昭和以降では、85年名古屋の北尾(双羽黒)以来4人目の快挙。関脇以下では00年名古屋で両関脇の魁皇と栃東がともに2横綱3大関を倒している。隠岐の海は今日7日目に大関豪栄道を破れば、史上最多2横綱4大関撃破となり、出場した横綱、大関6人から全勝するのは昭和以降初めてとなる。

最終更新:9月17日(土)16時48分

日刊スポーツ