ここから本文です

石川遼今日25歳「次の10年で夢を成し遂げたい」

日刊スポーツ 9月17日(土)9時57分配信

<男子ゴルフ:ANAオープン>◇第2日◇16日◇北海道・札幌GC輪厚(7063ヤード、パー72)◇賞金総額1億1000万円(優勝2200万円)

【写真】石川遼7年ぶり完全V!ポジティブな新妻に「感謝」

 今日17日に25歳の誕生日を迎える石川遼(CASIO)が単独首位を守った。69で回って通算12アンダーの132。前半31で独走状態を築きかけ、10番でつまずきながらも粘り、大会連覇へまた1歩近づいた。15歳で衝撃的な初優勝を果たしてから、さまざまな経験を重ね、「次の10年で夢を成し遂げたい」と抱負を語った。1打差2位はブレンダン・ジョーンズ(41=オーストラリア)。

 石川に試練が訪れたのは10番だった。左の林の中から「うまく打った」つもりの第2打がフライヤーし、フックもかからずグリーン右奥へ。第3打も寄らずに今大会28ホール目で初ボギーとした。9番で通算14アンダーまで伸ばした直後。「10、11、12番は別人の感じ」。11番で連続ボギー、12番は1メートルのバーディーパットを外した。

 だが、その後は耐えて、単独首位を守った。「苦しい9ホールだったけど、粘れた」。そこにこの10年の成長がある。「以前なら連続ボギーの後『取り返そう』といき過ぎたり、逆に落ち込んだり…。(今は)メンタル1つで目の前の一打はどうにでもなる、と学んだ」。日本ツアーでの14勝も、米ツアーでの苦しい日々も「世界のどの選手よりもいい経験をできていると思う」という自負につながっている。

 07年5月マンシングウェアKSB杯を最年少記録の15歳で制したこともあり「10年は一区切り」と位置づける。25歳の誕生日を前に次の10年で「マックスまで、自分の思いや夢を成し遂げたい」。夢とはメジャー制覇であり「世界のトップを争うこと」。そのためにも25歳初優勝で、10月の米ツアー復帰に弾みをつけたい。【岡田美奈】

最終更新:9月17日(土)17時1分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]