ここから本文です

<こち亀>さよなら両さん ついに最終回と第200巻

毎日新聞 9月17日(土)10時47分配信

 ◇「週刊少年ジャンプ」と単行本が発売

 40年連載が続いた秋本治さん(63)の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」最終回を収めた「週刊少年ジャンプ」と単行本の第200巻が17日に発売され、東京都内各地はファンでにぎわった。

【写真特集】さよなら両津勘吉 連載40年で完 亀有にファンたち集結

 葛飾区亀有5の「TSUTAYA(ツタヤ)亀有店」では午前10時の開店と同時に客が詰めかけた。JR亀有駅(同区)は「こち亀」で埋め尽くされた。駅構内の床や壁、階段などが単行本200巻分の表紙や背表紙、キャラクターたちが登場する広告などで飾られた。ファンたちは幕引きを惜しみながらも、個性豊かな作品世界に浸った。

 「こち亀」は型破りな警察官の両津勘吉が主人公のギャグ漫画で、1976年9月から一度も休まず連載。最終回ではこれまで登場した名物キャラクターが勢ぞろいした。単行本の累計発行部数は1億5000万部を超え、最も発行巻数が多い単一漫画シリーズとしてギネス認定された。【鶴谷真】

最終更新:9月17日(土)14時2分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。