ここから本文です

飛び込み寺内、40歳の東京へ「意識向いている」

日刊スポーツ 9月17日(土)9時57分配信

<飛び込み:日本選手権>◇16日◇東京辰巳国際水泳場

 水泳の飛び込み日本選手権第1日は16日、東京・辰巳国際水泳場で行われ、リオデジャネイロ五輪男子板飛び込みで20位だった寺内健(36=ミキハウス)が男子シンクロ板飛び込みで優勝した。同じくリオ五輪代表の坂井と組み、389・97点だった。

 リオ五輪では強風で思うような演技ができず、悔しさが残った。40歳で迎える20年東京五輪について「今はまったくわからない」と現役続行を明言しなかったが、「どれだけとは伝えられないが、東京五輪へ意識が向いているのは確か」と意欲は示した。

最終更新:9月17日(土)9時57分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]