ここから本文です

リオンディーズが屈腱炎…全治9か月以上に角居師もショック

スポニチアネックス 9月17日(土)7時2分配信

 昨年の朝日杯FSを制した2歳王者リオンディーズ(牡3=角居)が16日、左前繋(けい)部浅屈腱炎を発症していることが分かった。全治には9カ月以上を要する見込み。秋の始動戦に予定していた神戸新聞杯(25日、阪神)の1週前追い切り後、左前脚の繋(つな)ぎ部分に腫れと熱感が認められたため、16日にエコー検査を行ったところ浅屈腱炎の診断が出た。角居師は「脚をぶつけた程度かなと思ったけど、分かりにくい箇所だった。繋ぎの部分なので、症状は良くないと聞いています」と話した。

 同馬は10月2日に仏G1凱旋門賞に挑戦するマカヒキと同世代で、春2冠(皐月賞4位入線→5着降着、ダービー5着)では上位争いを演じた良血。秋は神戸新聞杯から天皇賞・秋に向かうローテーションが決まっており、春クラシック無冠の悔しさを晴らす戦いを目指していただけに陣営、ファンにとってもショッキングな戦線離脱となった。角居師は「残念です。今後は放牧に出して様子を見たいと思います」とコメント。近日中にも北海道・ノーザンファーム早来に放牧に出し、同所で再度詳しい検査を行い、方針を決めていくことになった。

最終更新:9月17日(土)7時2分

スポニチアネックス

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。