ここから本文です

リオ・パラ陸上4位入賞・鈴木選手に山梨県イメージアップ大賞

産経新聞 9月17日(土)7時55分配信

 県は16日、リオデジャネイロ・パラリンピックの陸上男子走り高跳びで4位入賞した山梨市の鈴木徹選手(36)=SMBC日興証券=に、「県イメージアップ大賞」を贈ることを発表した。鈴木選手は2000年のシドニー大会から5大会に連続出場し、いずれも入賞を果たした。県は「世界の大舞台で活躍する姿は、県民に大きな感動と勇気や希望を与え、本県のイメージアップに大いに貢献したため」としている。

 県は8月29日、リオ五輪の競泳男子800メートルリレーで銅メダルを獲得した甲府市出身の江原騎士(ないと)選手(23)=自衛隊=と、ラグビー7人制男子で4位入賞の忍野村出身の後藤輝也選手(24)=NEC=も大賞に決定している。

 県は10月下旬にも、授賞式を開くとしている。

最終更新:9月17日(土)7時55分

産経新聞